読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

【実録】読んだ次の瞬間から使えるナンパ拒否術

創作

「女の人って、恋愛で自分のことをはっきり言わない狡さがある。そこが俺には分からん」

 

女性の私は、友達の男性からそう言われたことがあります。

 

この疑問について、解釈いたします。

 

 

結論から言うと、女性は、他人に嫌われるのを恐怖する心理を持っているのではないでしょうか?

少なくとも、私はそうです。

 

ーーーーー

 

昨今SNS(=ネット上で友達や知り合いとやり取りをするサービス、の事です)が流布してきていますが、それに於いて、ブロック機能があることをご存知でしょうか?

ブロック=相手を完璧に寄せ付けない

そう言うことです。

 

ブロック、使うときは使って良いと思います。

私は(嫌な言い方になりますが)明らかにナンパ目的だろこいつ、そう言う人に対して何回も使いました。

 

特に何の前触れもなく「友達になろう」と申請して来る外国人の異性に、多いですね。

 

酷い例を書きます。

❶いきなり”I love you"と来た

❷自分の親戚らしき人に肩代わりさせてまで、しつこくコンタクトを取って来る

❸「俺と付き合ったら金渡す」とメッセージを送った

 

どういう事でしょうか?

❶~❸は全て、外国の男性の例なのです。

これらは、日本人と外国人の文化や性格の違いなのでしょうか?

 

では、日本人のナンパ師はいかがなものか。

これはかなり、画一化されています!

こう言う奴、あるあるいるいる状態です。

 

①見も知らないのに突然メッセージを送って来る(公共に出している宛先・・・Messenger等)

②そのメッセージで「LINEのID教えて」「メールアドレス教えて」と来る

③無視しているとブロックされる

 

 

とても一方的かつ、身勝手かつ、迷惑な話ですね。

 

私はこう言う奴等に嫌気が差し過ぎたため、ある手段を使いました!

それは・・・

 

『作戦スジャータ

 

プロフィール画像と言うものがあるでしょう?

あれを、九州では有名な飲料会社、スジャータさんの製品に変えようとしたのです!

Facebookに於いての話です。

 

 

基本、Facebookは実名での登録を推奨されているため、プロフィール画像も実在している自分の姿を登録する方が多いです。

私もそうしています。

だって、私はここ!ここ!!ここ!!!に存在しているのですから。

何を隠す必要があるのでしょう?

ヤバいことを書いている訳でもありませんから。

 

その自分の姿=写真、を見て、色々と言ってくる人が居るのですよ。

こんなに病んで屈折した女の何が良いんだか!

ふざけんな!

 

 

このブログをお読みの方は分かられると思いますが、私は滅茶苦茶ねじ曲がった性格の持ち主です。

それに対しいきなり初画面にて、愛の告白をしてごらんなさい。

 

そいつの方が精神障害の私よりも変です。

 

ナンパしたい病、あるのでしょうか?

女性にとっては、男性のそこがよく分からないし、狡いと思ってしまいます。

 

 

さて、ブロックの話に戻ります。

こういうナンパ人間に対し、私はブロックを使っています。

たまにブロックされた人間のリストを除くと、そいつらは頻繁に自分の名前を変更しているのが伺える。

 

おーい?

ご存知ですか?

Facebookの場合、自分の名前を変更できる回数は、限りがあるんですよ。

 

ま、そんな方々、どうでもいいですけれども!

 

ーーーーー

 

そういう訳で。

男性は、女性に嫌われてでもいいから強引に自分の任務遂行をしよう、そう言う方が頻繁ではないにしろ、居ると見受けています。

それがあって、冒頭の女性に対する「自分のことをはっきり言わない女性」に対するジレンマやすれ違いが生まれてしまうのでは?

そう思うのです。

 

 

私は因みに、はっきり言わない女代表ですね。

嫌われるのが恐いビビリです。

でも、土壇場と言うか、逆鱗に触れさせると、容赦なくブロックボタンを押します!

 

そう言う点で、男性は女性の本心に気が付くのかも知れません。

遮断されてから、相手の心理に気付くと言う、悲しい宿命。

そう言ったものがこの世界、存在しているのは間違いがないと思います。

 

 

ここで註釈。

外国人の異性を否定するような言い方をしてしまった私ですが。

中には超絶良い人も居ます。

 

例を挙げると。

日本にとにかく興味があって、私と交流することによって、文化や言語を学びたいと思っている方。

 

こういう方は、自分の投稿で、日本のことについて熱心な発言をしています。

若しくは文字で会話をしていて、詳しい知識を持っていることに気付かされるのですね。

それが、ナンパ師かそうでないかの分かれ道だと思います。

知識、付け焼刃ではどうしてもついていけない部分、ありますからね。

 

皆さん、所謂『一夜漬け』、テスト前に経験された方、多いと思います。

あれって、テストが終わった瞬間に、頭から知識が虚脱するでしょう?

それと一緒です!

ナンパの場になると、付け焼刃の知識、なかなか使えない様にも見受けられます。

使えるとしたら、それはかなりの熟練者。

 

しかし、そんな人は、私みたいなど素人人間を選びはしません!

もっと格上の女性を狙うものだと解釈しています。

 

 

つまり、結局、自分のレベルに合った人間が、自分のところにやって来るものではないのでは?と。

 

 

物語では、貧乏な娘が王子様と出会って結婚する、なんてものがあります。

あれは本当に物語の中の物語。

でも、ここでリアルに収入の厳しい私は思うのです。

 

「王子様、やって来ることないかなぁ」

 

と。

 

だから、自分のことをはっきり言えないのです。

「私は貧乏な女で障害者で性格ねじ曲がっていますから、何言っても無駄ですよ」

なんて現実を言ってみてください。

男性が去っていくのは、目に見えています。

それだからこそ、

「他人に嫌われるのが恐い」

気持ちが産生されるのではないでしょうか?

 

まあ、そう言う気持ちから既に、「何言っても無駄」に含まれる困ったちゃんに含まれるんですけれども。

何故なら、私そのものの根本が、困ったちゃんですからね!

 

これがブロックよりも強烈な、壁となるのではないでしょうか。

 

広告を非表示にする