読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

レッツ見方凌駕!統合失調症は絶望的か?作戦開始

無給

今日医師に宣言されました!

「あなたは統合失調症のパンフレットを、当事者目線で書くべき」

 

それは、私=統合失調症、と言う事で間違いありません、よね?汗

 

さて、それはどう言ったパンフレットかと言いますと。

 

私はこれでも、なんだかんだ言いながら文章を書きまくりながら生きています。

その鍛錬(と言うか禁じられた?遊び)を活かして。

世界の同じ病を抱える方々・・・と言うと話が大きくなりすぎるので、先ずは日本の同じ病に苦しむ方々に向けて、文章を書く様に要請されたという訳です。

 

私はこういうオファーなら、超絶安請け合いしてしまいます。

安いもいいところで、医師に版権や印税のことを訊き忘れました!笑

 

もし、無給で書けと言われたらどうしましょう?

それでも、書いてしまいそうなのが私です。

 

ですから、このブログに、メモ代わりに、パンフレットの断片を記録させていこうとも思います。

新しく種別(カテゴリ)を作ります。

 

『無給に生きる』

 

でいかがでしょうか?

 

あぁーーーー医師よ、私の文章を何かの形で売り出せ!

そしてこれでもと儲けろ!

それを私に渡せ!!

 

 

私は以前、フリーのwebライターをしている(統合失調症でも出来ます!「審査が厳しめ」と評判のサイトに応募していますが、今のところ8記事書いて、即日全採用されています!)と投稿しましたが、それでも報酬は微々たるものなのです。

ですから、今回のパンフレットも、それほど期待は出来ません。

でも、書くぜ!と意気込んでしまうのが、私の性。

 

パンフレットの内容ですが、こういうオーダーを受けています。

 

❶私は製薬会社の作った、健常者目線の統合失調症に対する解釈に大変絶望した

❷と言うのは、「この病気は治らないから、一生付き合っていくしかない」と書いてあったから

❸「しかない、と言えるものなのか?」と今の私なら言えるはず

❹それを私の病気実体験を基にして書いて欲しい

❺書いた内容を通じて、同じく絶望しているであろう同じく統合失調症の方々を励ませ

➏ひいては製薬会社のパンフレットを凌駕せよ

 

とのこと。

 

あら?

あらあらあら?

 

これだけでも、十分にメモになっていますね。

 

と言うか、私は以下のように診断を受けているのですよ。

 

統合失調症様の症状を呈する発達障害

 

おーーーーーーーーーーーーーーーい!!!

どっちなんじゃーーーーーーーーーい!!?

 

ですから、正直言って、統合失調症発達障害か、どちらのサイドに寄って書けばいいのかが分からないのです。

自覚が無いのが精神障害の特徴、とも言いますからね。

ここは私が感じたことを、素直ーに、真面目ーに、正確ーに、書けばいいでしょうか?

 

因みに思い出として。

 

私は福岡県に住んでいるのですが、ある大学病院の精神科の待合室で、置いてある製薬会社のパンフレットをごっそりと全種類持って帰りました。

後学の為、と言う理由付きです。

それを家に帰って読むわけなのですね。

元ひきこもりの私は当時時間が有り余まってしょうがなかったので、これでもかと熟読しました。

 

それらから導き出せた統合失調症の大まかな共通点。

 

①完治しない

②原因不明

③自殺率高い

④社会参加難しい

⑤入院賢明

 

つまり、「死にたくなるような病気、この世の終わりを体感しますよ」と言われているような思いを私はしたのです。

だから絶望したのですね。

 

でも、現在の私は違います!

死にたくなることは多々あれど、この世の終わりからはちょっとだけ離れられました。

だからこそ、医師が私へとパンフレットを依頼して来たのではないでしょうか?

 

まあ、無給の可能性が高いですけれどもね!

 

こうなったら意地で書きまくって物凄いもの作って金を払わざるを得ない状況へと、医師を追い詰めようかと思います!

そして病に苦しむ方々も、何とか死にたい思いから一歩でも、引き離そうかとも思います!

 

ビッグプロジェクト且つローリターン(後者に関しては仮)作戦の始まりです!!!

 

広告を非表示にする