読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

『並行』 TALKING IN MY HEAD【破るぜ!七つの大罪】

創作-並行

今、好き好んで好ましく好評されながら好かれない?(ややこしい)の小説『並行』のこぼれ話をします。

 

作中にキルケゴールの『死に至る病と言う本が出てきます。

私は大学時代、それを読みました。

だから作中に、この本の解説作者として、「大和由祈(ヤマトユキ)=私」を畏れ多くも出しています。

S学院大学神学部出身と言うのも、実話です。

キリスト教哲学を専攻していた私は、こういう本ばっかり読んでいましたね!

意味?

そんなのは自分で考えて解釈するものが本物の哲学だと、そこで教えられました。

だから、意味と解釈には、本当の意味で答はないと思っています。

 

まあ、それは良いとして。

 

私はそんなキリスト教に関係する神学生だった・・・筈なのですが、クリスチャンではありません。

ノンクリスチャンとしてアウトサイドからキリストのセイイングをスタディすることがインポータントでインタレスティングなことだとティーチされました。(もはやヤケクソ)

 

そもそも神学生が、あんな淫らなシーン(『並行』8/哲学文庫のシーンをご覧あれ)を平気でネットにて書き綴って公表するか?

答は、否でしょうね。

磔にされたキリストが蘇って、三位一体の神となって復活し、七つの大罪を破りまくっている私をこの世の底へと陥れることでしょう。

もし、私が、クリスチャンだったら、の話ですが。

 

ところで、七つの大罪、皆さんはご存知ですか?

 

・食べ過ぎ

・欲張り

・エロすぎ

・ムカつき

・怠け

・見栄っ張り

・自慢したがり

 

この7つだと記憶しております。

かなり、噛み砕いての記憶ですがね・・・。

これらを犯すと、神は怒ります。

まあ、これらが揃った最低な人間、誰だって、怒るでしょうけれども。

でも、私はどうも、それに当てはまる気がしないでもないようなこともない(つまり、するのです)。

 

元神学生にしては型破りかつ掟破り。

でも、そこを乗り越えて壁を打ち破りまくって常識を覆すことに燃えるのですよ!!!!!!!!!

これからも、過激に書いていきます。

 

皆さん、応援&ご愛読どうぞよろしくお願いします。

 

広告を非表示にする