読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

障害当事者激烈反論!24時間テレビパーフェクトヒューマン

無給-社会 無給

先ずは、下の写真を見て欲しい。

 

f:id:thepainbug-yuki:20160910111328j:plain

 

24時間テレビでダウン症の方々がパーフェクトヒューマン、踊られたのですね。

私の家にはテレビが無いので、知りませんでした。

何故なら私も発達&精神障害者、稼ぎが少なくてテレビを買う余裕がないのです。

時間的にも、経済的にも。

貧乏暇なしとはよく言ったものですが、障害者が自立して働いて生きるには本当にお金と暇が消費されていくものなのです。

だから私はこの企画、Youtubeで知りました。

 

見た感想。

と言うか、呆れて声も出ず、怒りが湧いて来たので30秒も観られませんでした。

 

24時間テレビは、完全に障害者を馬鹿にしているのでは?

しかも寄りにもよって

「彼は言った世界は必ずしもみんな平等とは限らない」

ってフレーズですか!

完璧に健常者視点からの障害者差別へ、最終的に私は頭が真っ白になりました。

 

この企画の何が本質的に私を怒らせているのか。

それは、この内容を堂々と国内で放映する、そのデリカシーの無さにあります。

 

ダウン症の方をわざわざ集めて練習させるんですか?

有名人の方と共演させてお涙頂戴モノですか?

頑張っている姿を見せたいんですか?

 

私には、それらが大変に不愉快。

 

健常者が「障害者の人が頑張っているから勇気を貰える」とかよく言うでしょう?

それって、何の種類の頑張りを見て、何の種類の勇気を貰っているのでしょうか。

障害当事者の私には

「こいつらは自分よりマシ」

と思われているようにしか感じません。

自分には出来ることが出来ない人の頑張りを見て、自分はまだ良いと勇気を貰う。

そんな構図が見えてきました。

この動画によって。

 

最低最悪。

今まで観て来たテレビ番組の中でも、常軌を逸しています。

 

救いなのは、Youtubeの動画にコメントを付けられる機能があるのですね。

そのコメント欄で、思いっきりこの動画と企画、視聴者から叩かれていました!

 

広告を非表示にする