読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

JUXT-A-POSITION no.6 障害者竜巻爆裂生産決定

創作 創作-並行

では、このブログの本題、小説の組み立ての話をしたいと思います。

 

前回の記憶が時間の経過と共に全壊している為(おいおい)、ちょっと設定が歪んでしまいました。

でも、組み立てるにあたって、私は少しインターバルを置くことは大切だと思っています!

でないと、いくら自分が面白いと思っている小説でも、他人には伝わらないことがあると思うから。

 

前回の記憶の全壊は全快して全開、再構築しました。

 

先日、私はひとりの男性に去られました。

しかも一方的に、Messengerのメッセージにて。

これがあまりに不条理だと思い、ネタにすることに決めました。

そうです、タダでは転ばないのが、私ですから。

辛いことは笑い飛ばし、最終的に金銭に変えて帰って来させるのも、私ですから!

 

しかし。

その男性はこう言っていましたね。

私の過去について。

「ありのままに受け入れるよ。全部話してごらん」

 

私の苦手なパターンです。

他人は自分と違う人間だからこそ、容認するのは大切だと思います。

でも、ありのままに本当に認められるか?と言うと、それはまた別の話。

自然体をさらけ出すことは、付き合う上で大切だと思います。

でも、受け入れる=咀嚼して消化する、でしょう?

それは、永遠に解り合うことの出来ない他人同士に於いて、違うと思います。

 

ちょっと哲学的な話になってしまいすみません。

何せ、私は大学でそう言う事を専攻していたものですから。

まあ、今は就労移行支援生ですがね!笑

落ちぶれたもんです。

就職一切出来なかったですからね。

所謂一流私大を出ても。

有名学校の中には、そう言う落ちこぼれが必ず少数居るものです。

私はそれに当たってしまった・・・と言うか、生まれながらの発達障害者ですから。

もう、諦めるしかないと思うこともしばしばあります。

でも、私は法螺貝なのです(以前の記事『THE TANISHI STORY』参照ください)。

世の中に障害者旋風ならぬ、障害者竜巻を轟かす、発達×精神障害者なのです!!!!

 

それを信じて、生きています。

 

ややこしくなりましたが。

その「生きたい」と思う気持ちを持って、小説を書きます。

作品のコンセプトはトップシークレットですが(ネタバレしたら面白くないでしょう?)、絶対に地獄へ落ち系にはしない。

どこかで希望を見出します。

 

(追記)

そう書いている割に、以前小説を載せていたブログの検索ワード、逆探知してみたら、

『精神責め 小説』

で引っ掛かっていました。

私のブログ。爆笑

 

広告を非表示にする