読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

JUXT-A-POSITION no.4 うっ、そう!!

創作 創作-並行

さて、昨日はキャラクターを7~8人と設定しました。

その一人一人を、自己流の性質項目に当てはめて形作っていきもします。

項目について、どんなものだか皆さん興味があるでしょうね。

 

すみません、ここはヤマトユキ創作秘密です!

でも、検索すれば、参考にしたフォーマットは出てきます。笑

皆さんも自己流の項目、作ってみてください。

自分の気になるものをピックアップすれば、おのずと小説も自分のカラーに染まっていくと思います!

 

さて。

項目は私の場合、数えると20ほどあります。

そして今回、登場人物は全部で7人。

つまり、20×7=140個も、項目を埋めたのです。

1日で・・・。

私の性質、発達障害は、興味のあることになると異様なまでの熱心さを現すそうです。

まさにこのこと!?

 

ただ、『項目』と言われても漠然とし過ぎていて、訳分からんなぁと思われるとも。

ちょっとだけ、挙げます。

 

【ヤマトユキの場合の、小説登場人物創作項目】

・外見

・中身

・設定

・役割

これらを細分化して、更に埋めていくのです。

細分化、意外と楽しいので、皆さんも実行してみてくださいね。

 

私は上手く行くと調子に乗りやすい(良い意味でも悪い意味でも。ダブルミーニングです)性格なので、設定している内に書きたいストーリーが見えて来ます。

それは、環境、音、光景、人間関係だったり。

ついでと言っては何ですが、それらが見えてから、読者の方々へ伝えたいメッセージを、こじつけます。

元々(以前のブログをお読みになられれば出てきますが)ネガティヴが出発点なので、メッセージもこんな感じで推移します。

 

「誰も信じられない」

→「人間は信じるに足りない」

→「信じるに足りる者は誰か?」

→「神でもあるまいし」

→「そういや私(ヤマトユキ)は西南学院大学(と言う福岡県の私学があります)神学部の卒業生だ!」

→「じゃあ私が神の視点になろう!!!!!」

 

うっ!

そう!

鬱から躁への転換です。

広告を非表示にする