読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUKIPEDIA

小二で挫折、中二病を引きずり、高二で転落、現在第二の人生を歩む!

JUXT-A-POSITION no.3 したくてたまらない

創作 創作-並行

友達が、

「知られたくないことは話さなければいいのに」

と至極真っ当な論を展開していたことがあります。

ですから、私の登場人物設定極意だけは話せません。

個人秘密です。

 

と言うのも、私は勝手かつ奔放かつ無責任な独自のやり方で文学界に反骨しているため、皆さんに悪影響を与えてしまうこともあると思うから。

私のやり方は、一例でしかありません。

そこを頭に入れておいてくださいね。

参考になると言えば、それは大変参考になるでしょうけれども。

 

では、登場人物の設定について殴り書き。

 

主人公は女性。

精神としては「本当は私そんな人間じゃねえのに」という思いを書きたいと思っています。

皆さん私のことを何故か、こうおっしゃるのです。

「ユキさんは優しい」

「ユキさんは性善説に当てはまる」

「ユキさんは頭が切れてカッコいい」

・・・違うと思います。

 

私は自分のことを、こう思っています。

「ユキさんは独善的」

「ユキさんは殺したがり」

「ユキさんは頭がキレて怖い」

・・・どうでしょうか?

皆さんの声を求めたいところです。

 

ですから、周りと自分の認識の溝に、私は大変心苦しい。

申し訳ないのです。

 

例によってそのネガティヴを、吐き出したい。

名付けて、快感的吐出ですね。

 

もう主人公のキャラクターが見えてきました。

あとはこれに対する人物を次々作成。

対比させて決めると、コントラストが色濃く浮かんでメリハリが出ると思います。

 

(追記)

私は本当に異常人格者の気がしてきています。

して来て仕方の無い今日この頃。

自分でそう認識して、どうにもできずにいる界隈、

自覚ありつつ放置プレイっすかーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

と思います。

どうにかできないものでしょうか?

この捻じれた性格。

 

『したくてたまらない』(スガシカオ

 いますぐ したくて たまらない(スガシカオさんの原曲)

 たまさか 稼ぎたくて 貯まらない(無理矢理ヤマトユキ)

 

広告を非表示にする